相鉄線の賃貸事情は厳しい?

賃貸アパート・マンションのオーナーが、少しざわついている。

 

空き家が目立ってきたからだ。

 

殆どの家主さんが建築費のローンを抱えているのでヒヤヒヤ者なのだ。

 

一昔前のようにほっといても入居者が着くという時代は終わり家主様のセンスが問われる時代が来ている。

 

それでも入居者がいれば商売としては、全然成り立つ。

 

横浜市内で相鉄線の空き家は少し深刻で、今までのようには行かない大家さん事情でお部屋の中のメンテナンス費用をケチるとあっという間に半年から1年近く家賃収入が途絶えることになる。

 

そんな中でも色々と頑張っている大家さんは、ハイパフォーマンスで運用しているのだ。

 

質の良い物件から空き家が埋まる。

 

そんな相鉄線の賃貸アパート・マンションは、借り手市場なので探している方は、昔より状況は良くなっていると思う。